京都で昔の街並みが残る場所まとめ!観光おすすめスポット6選

京都三年坂の昔の街並み観光

京都で昔ながらの街並みが残る、観光におすすめの場所をご紹介します。

歴史的な神社やお寺だけではなく、昔の街並みも残されているのが京都の魅力ですよね。

両脇に町家が並んだ石畳の道を歩いているとタイムスリップしたような感覚になります。

京都観光の際にぜひ訪れたい、昔の街並みが残る場所を見ていきましょう。

Sponsored Link

京都で昔の街並みが残る場所① 巽橋

昔の街並み① 巽橋の特徴

祇園の北側にある巽橋はドラマのロケ地として有名で、何度かテレビで目にしたことがあるのではないでしょうか。

流れの穏やかな白川に架かる短く上品な橋で、人気の撮影スポットとなっています。

すぐそばにある辰巳大明神は技芸上達の神として信仰され、舞妓さんなども参拝に訪れるそうです。

昔の街並み① 巽橋の基本情報

場所京都府京都市東山区清本町372 祇園巽橋
アクセス【京阪本線】「祇園四条駅」より徒歩7分

Sponsored Link

京都で昔の街並みが残る場所② 白川南通

昔の街並み② 白川南通の特徴

白川南通は白川に沿って巽橋へと繋がる風情たっぷりの通りです。

約200mに渡って石畳が綺麗に敷き詰められており、白川の反対側には料亭などのお店が並んでいます。

春にはしだれ桜や山桜・ソメイヨシノが咲き乱れ、夜にライトアップされた夜桜は絶景です。

昔の街並み② 白川南通の基本情報

場所京都府京都市東山区元吉町
アクセス【京阪本線】「祇園四条駅」より徒歩5分

Sponsored Link

京都で昔の街並みが残る場所③ 新橋通

昔の街並み③ 新橋通の特徴

新橋通りは白川南通の一本北側に伸びており、巽橋のところで交差しています。

白川南通と共に重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

両脇に古い町家が立ち並ぶ新橋通は白川南通よりも道幅が狭く、人通りも少なくてより落ち着いた雰囲気となっています。

昔の街並み③ 新橋通の基本情報

場所京都府京都市東山区元吉町
アクセス【京阪本線】「祇園四条駅」より徒歩5分

京都で昔の街並みが残る場所④ 二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)

昔の街並み④ 二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)の特徴

二年坂(二寧坂)と三年坂(産寧坂)は、八坂神社から清水寺への道中にある石畳の坂道です。

両脇にはお土産や飲食屋が立ち並び、多くの観光客で賑わっています。

坂の上から見下ろす軒並みは趣たっぷりの絶景となっています。

昔の街並み④ 二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)の基本情報

場所京都府京都市東山区桝屋町清水2丁目
アクセス【市バス】「清水道」より徒歩6分

京都で昔の街並みが残る場所⑤ 一年坂(一念坂)

昔の街並み⑤ 一年坂(一念坂)の特徴

二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)に比べて、一年坂(一念坂)を知る人は少ないのではないでしょうか。

一年坂(一念坂)は長さ80mちょっとの細い路地で、知らないと見過ごしてしまうほどひっそりとしています。

坂と言ってもほんの緩やかな傾斜で、両脇には蕎麦屋さんやうどん屋さんなど昔ながらの建物が並んでいます。

L字型に曲がっているため向こう側が見通せず、より奥ゆかしい雰囲気を醸しています。

昔の街並み⑤ 一年坂(一念坂)の基本情報

場所京都府京都市東山区桝屋町
アクセス【市バス】「東山安井」より徒歩5分

京都で昔の街並みが残る場所⑥ ねねの道

昔の街並み⑥ ねねの道の特徴

ねねの道は八坂神社から二年坂へと続く450mほどの石畳の道です。

豊臣秀吉の正室であった「ねね(北政所)」が秀吉の死後、この地で過ごしたことから名付けられました。

美しい石畳の上を人力車が行き来しており、京都の風情をたっぷり満喫することができます。

昔の街並み⑥ ねねの道の基本情報

場所京都府京都市東山区下河原町
アクセス【市バス】「祇園」より徒歩7分

京都で昔の街並みが残る場所 まとめ

今回は京都で昔ながらの街並みが残る場所として

  • 巽橋
  • 白川南通
  • 新橋通
  • 二年坂(二寧坂)・三年坂(産寧坂)
  • 一年坂(一念坂)
  • ねねの道

をご紹介しました。

神社やお寺を巡るのも良いですが、京都に来たからには情緒たっぷりの街並みも満喫したいですね。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました